お知らせ

2018年

2018年10月09日
下西正孝弁護士が、2018年10月9日、関西圏国家戦略特区雇用労働相談センター主催のセミナー「対応できていますか?漏えいさせないための予防的営業秘密保護~労務的観点から見て~」で講師をつとめました。

営業秘密は重要な企業の財産の1つであり、営業秘密の流出は、企業の経営にとって大きなリスクとなります。また、一旦営業秘密が流出してしまうと取り返しがつかないため、営業秘密の適切な保護が非常に重要になってきます。

本セミナーでは、営業秘密が退職者や従業員といった「人」と通じて漏えいしてしまう場合が多いことを踏まえ、労務的な観点からいかにして予防的な営業秘密保護の対策を講じるべきか、雇用指針を踏まえ、具体的な対策例を解説いたしました。


業務分野: 労働法務