お知らせ

知的財産権

2017年

2017年11月15日
お知らせ 著作・論文
阿久津匡美弁護士が執筆した「行動する法務―行政機関へのアプローチ(第8回)営業秘密侵害品等不正競争防止法違反物品に関する水際措置の概要等について」が、NBL2017年11月15日号に掲載されました。
2017年11月02日
お知らせ 著作・論文
阿久津匡美弁護士が執筆した「データ知財とデータ利活用取引におけるデータ知財契約(戦略的な情報財の保護・活用の考え方(第2回))」が、NBL2017年11月1日号に掲載されました。
2017年10月21日
お知らせ 著作・論文
生田美弥子弁護士が執筆した「ユニットシェルフ事件(良品計画対カインズ)(平成29年8月31日付東京地裁判決実務解説)」が、BUSINESS LAW JOURNAL 2017年12月号に掲載されました。
2017年01月18日
お知らせ 著作・論文
阿久津匡美弁護士が執筆した「平成28年の営業秘密に関する裁判例を振り返る」が、営業秘密官民フォーラムメールマガジン等に掲載されました。

このページの先頭へ

2016年

2016年12月15日
お知らせ 著作・論文
阿久津匡美弁護士が経済産業省職員時(前職)に執筆に参加した「逐条解説 不正競争防止法」が商事法務から刊行されました。
2016年03月11日
お知らせ
岡田徹弁護士が、民間企業法務担当者向けセミナーにおいて、「営業秘密と職務発明 -近年の法改正への対応-」と題する講演を行いました。
2016年02月24日
お知らせ 著作・論文
岡田徹弁護士が執筆した「複数の被告製品の一部のみが原告特許の技術的範囲に属する場合における差止請求の成否」が知財管理誌2016年2月号(判例と実務シリーズ:No.456)に掲載されました。

このページの先頭へ

2015年

2015年09月17日
お知らせ セミナー
岡田徹弁護士が、9月17日に、ナレッジキャピタル(グランフロント大阪)において、【「いままでトラブルもなかったので大丈夫!」・・・では済まされない、技術と労務との関係】と題するセミナーを行いました。
2015年08月10日
お知らせ
岡田徹弁護士が、8月7日に、MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)において、【「いままでトラブルもなかったので大丈夫!」・・・では済まされない、技術と労務との関係】と題するセミナーを行いました。
2015年05月25日
お知らせ 著作・論文
岡田徹弁護士が執筆した、「[特許法改正]職務発明の原始的帰属はどう変わるか」がビジネスロー・ジャーナル 2015年6月号の「[特集]2015年国会提出法案のインパクト」に掲載されました。
2015年04月30日
著作・論文
岡田徹弁護士が共同執筆した、「差止請求権と損害賠償請求権との空隙を埋める制度設計の模索」が一般財団法人知的財産研究所「第8期IIP知財塾 成果報告書」に掲載されました。

このページの先頭へ

2013年

2013年11月12日
公益活動
岡田徹弁護士が、11月9日に、京都大学 産官学連携本部 イノベーション・マネジメント・サイエンス研究部門 主催の京大ベンチャー起業塾において「ベンチャー企業の知的財産戦略 ~起業前後の実務上のポイント、起業後の知財戦略策定~」と題する講演を行いました。

このページの先頭へ

2012年

2012年10月03日
セミナー
籔内俊輔弁護士が、和歌山県発明協会主催の「第2回知的財産経営戦略セミナー」において講師を務めました。

このページの先頭へ

2011年

2011年11月09日
著作・論文
中村小裕弁護士及び市橋隆昌弁護士が執筆し、生沼寿彦弁護士が監修した「先願主義への歩み寄り、先発明主義の廃止」と題する記事が、月刊「ザ・ローヤーズ」11月号の特集「アメリカの新特許法の変更内容と今後の具体的な影響と対策」に掲載されました。
2011年05月18日
著作・論文
高松直樹弁護士による「商標権侵害によって高額な損害賠償額が認定された事案」が「国際商事法務」Vol.39 No.5(通巻587号・平成23年5月15日発行)の中国案例百選に掲載されました。
2011年02月07日
お知らせ 著作・論文
飯島歩弁護士による「特許を受ける権利の二重譲渡について背信的悪意者の認定をした裁判例と実務への示唆」が、LES JAPAN NEWS51巻4号13頁に掲載されました。

このページの先頭へ

2010年

2010年12月24日
著作・論文
飯島歩弁護士による「特許法34条1項における背信的悪意者」が知財ぷりずむ2010年12月号1頁に掲載されました。
2010年12月16日
セミナー
飯島歩弁護士が、日本ライセンス協会において、「特許を受ける権利の二重譲渡と背信的悪意者排除説」をテーマに、11月25日に講演を行いました。
2010年07月23日
著作・論文
日本知的財産協会発行「知財管理」2010年7月号の判例と実務シリーズに、中村小裕弁護士が執筆した「ライセンス契約におけるライセンシーの錯誤とライセンスの対価返還請求の可否-ライセンサー及びライセンシーの対応策-」が掲載されました。
2010年06月03日
受賞
飯島歩弁護士が、International Law Office(ILO)のClient Choice Awards 2010の知的財産部門の受賞者となりました。

このページの先頭へ

2009年

2009年10月05日
メディア
北浜法律事務所の知的財産法グループを紹介する記事が「東洋経済」誌に掲載されました。
2009年09月15日
著作・論文
飯島歩弁護士がゲストとして参加した座談会「新しい特許制度の在り方について」(財団法人知的財産研究所主催)の記事が知財研フォーラム78号に掲載されました。

このページの先頭へ

2008年

2008年10月10日
お知らせ 公益活動
飯島歩弁護士が、先使用権制度及び職務発明制度相談会に相談員として参加いたしました。
2008年10月01日
お知らせ 公益活動
飯島歩弁護士が、財団法人知的財産研究所「知的財産の更なる活用の在り方に関する調査研究委員会」の委員に選任されました。
2008年08月13日
著作・論文
飯島歩弁護士による「特許審判請求書の『要旨を変更する』補正」が知財ぷりずむ2008年8月号26頁に掲載されました。

このページの先頭へ

2007年

2007年12月12日
著作・論文
飯島歩弁護士による「一事不再理のあり方について」が知財研フォーラム第71号に掲載されました。
2007年10月17日
著作・論文
飯島歩弁護士による「特許無効審判における一事不再理」が知的財産法政策学研究第16号に掲載されました。
2007年10月17日
お知らせ 公益活動
飯島歩弁護士が、職務発明制度相談会に相談員として参加いたしました。
2007年03月28日
著作・論文
監査法人トーマツ様との共著による「知的財産部員のための知財ファイナンス入門」が経済産業調査会から出版されました。

このページの先頭へ

2005年

2005年09月06日
著作・論文
ジェリー・メステッキー弁護士が執筆した"A NEW TYPE OF COPYRIGHT INFRINGEMENT: AN ANALYSIS OF THE DECISION OF THE U.S. SUPREME COURT IN THE CASE OF Metro-Goldwyn-Mayer v. Grokster”を 本ウェブサイト上に掲載いたしました。