弁護士インタビュー

北浜法律事務所グループで活躍している弁護士の声をご紹介します。

各人がクライアントのために最善を尽くし、常に貢献することを考えている集団でありたいと考えています

45期 渡辺 徹弁護士
プロフィール詳細
写真:渡辺 徹弁護士

Q.得意な業務分野は?

私は、会社法関係、M&A、事業再生の分野を専門的に扱いながら、複雑・困難な訴訟も多く担当してきました。
会社法関係では、株主総会指導、内部統制システムやコンプライアンス体制の構築、敵対的買収へのアドバイス、株主代表訴訟、各種の資本政策、様々な会社の社外役員の就任等、幅広く対応しています。このような専門分野で活動することができるようになるためには、常に自己研鑽を怠らず、法律雑誌や出版物等による勉強を継続するインプットと、自らセミナーを開催したり、論稿を発表するアウトプットが必要です。
M&Aや事業再生の案件では、その時々に組成されるチームの仲間と一体となって、知力・体力を結集させ、様々なスキームの検討を行い、案件の成就に向かって走りきることが求められます。
また、複雑・困難な訴訟を担当するときは、チームの仲間と徹底的に議論し、勝訴へ向けてのあらゆる検証を行います。皆が、そのベクトルを一つにした時、大きな力が生まれ、より説得的な訴訟活動が可能となるのです。

Q.事務所の進んでいく方向性は?

当事務所は、全ての法分野に対応できる体制を構築しており、その体制に今後益々磨きをかけていきます。各種の法分野はどんどん専門性が要求されるようになっていますので、一人でいくつもの専門分野を持つことは困難です。そこで、当事務所は、あらゆる法分野の専門家の集団であることを志向し続けています。そのためには、弁護士一人一人が専門分野を持ち、その分野では誰にも負けないという気概をもって、精進することが必要です。そして、そのような専門家集団となったとき、どのような案件にも対応できる強力な事務所になることができるのです。
加えて、常に熱い情熱をもって、案件に取り組む事務所であることを非常に大切にしています。クライアントのために、自らの時間・労力を惜しげもなく注ぎ込み、最大限の成果を挙げることを皆が目指しています。このような熱意があってこそ、当初不可能と思えたことも可能となり、クライアントに大きな満足を与えることができるのです。

Q.パートナーから見た北浜法律事務所の魅力は?

北浜法律事務所の良き伝統として挙げられるのは、何といっても、その風通しの良さです。これは、私が23年前(平成28年5月1日現在)に入所した時から変わりません。
各弁護士は、ベテランのパートナーであっても、駆け出しのアソシエイトであっても、議論をする際には対等の立場にあるものとして扱われます。したがって、各アソシエイトは、臆することなく自らの意見を述べて、パートナーと議論することができます。もっとも、このことは、裏を返せば、各アソシエイトは、常に自分の頭で考えて、パートナーにその意見をぶつけることが求められていると言えるわけです。そのため、当事務所では、弁護士1年目から案件の主任となることは珍しくありませんが、案件の主任を任される際には、強い責任感と当事者意識をもって切り盛りすることが求められます。
このような考え方から、当事務所では、やる気のあるアソシエイトほど、ぐんぐんと成長できるシステムになっているのです。

このページの先頭へ

弁護士業務の将来を考えると、海外留学は極めて重要だと思います

56期 酒井 大輔弁護士
プロフィール詳細
写真:酒井 大輔弁護士

Q.留学経験について
私は、日本で4年半ほど弁護士経験を積んだ後、米国のバンダービルト大学ロースクールに留学しました。米国留学は長年の夢でしたが、米国留学では本当に良い経験ができたと思っています。
留学期間はわずか1年と短いので、私は留学中に力を入れる事項について優先順位を決め、できるだけたくさんの外国人とできるだけ深い関係を築くことを最優先事項としました。米国のロースクールは、世界中から優秀な学生が集まってきますが、学業で彼らと切磋琢磨し、余暇でも楽しい経験を共有することで、非常に深いつながりができます。彼らはロースクール卒業後米国において、または母国に戻って法律家として活躍しますが、ロースクール時代に築いたネットワークは、公私の両面において一生の財産だと思っています。
北浜法律事務所では、かねてより、若手弁護士の留学に力を入れていますが、今後は、英語を使用して仕事する機会が度々増えると思いますので、弁護士業務の将来を考えると、海外留学は極めて重要だと思います。
Q.インドでの経験について
私は、米国留学後の1年間、インドの大手監査法人において日系企業のインドビジネスをサポートする業務に従事しました。現在、私の仕事の中心はインド関連ですが、インドでの経験は現在の仕事に直結しており、新規業務の開拓という意味合いで非常に貴重な経験ができたと思っています。
最近では、インドを含めアジア各国の法律事務所で研修をする日本の弁護士が増えてきていますが、当時は米国のロースクールに留学した日本の弁護士は、ロースクール卒業後、米国のローファームで研修するというのが一般的でした。ただ、私は、インドが巨大な人口を擁し経済的にも急発展中で日系企業の進出も増加している一方、インド法に詳しい日本の弁護士がほとんどいない状況に着目し、インドでの受け入れ先を探し、事務所から了解を得た上で、インドに行くことにしました。
インド滞在中に特に心がけたことは、インドの基本的なビジネス法に関する知識の習得とインドの弁護士や日系企業の方々とのネットワーク作りでした。このようにしてインドで身につけたことは、現在の仕事に直結して役立っています。
北浜法律事務所では、海外の法律事務所等での研修を含め外部研修を奨励していますが、若手弁護士が自分のキャリアパスを自分で考えて、道を切り開いていくことも可能な体制となっています。
Q.北浜法律事務所の3拠点体制のメリットについて
北浜法律事務所は、大阪、東京、福岡の3つの拠点にオフィスを有しています。
西日本を中心に3つの拠点を持つことで、西日本地域のクライアントの幅広いリーガルニーズに応えることが可能となっています。特に、専門性の高い案件については、東京以外の地域において対応のできる法律事務所が少ないのが実情ですが、北浜法律事務所においては、3拠点体制によりこのようなリーガルニーズについても対応できる体制となっています。

このページの先頭へ

北浜法律事務所は、積極的で向上心に満ち溢れた人材を求めています

57期 谷口 明史弁護士
プロフィール詳細
写真:谷口 明史弁護士

Q.北浜法律事務所の東京オフィスについて
北浜法律事務所が2002年に東京に進出してから10年以上が経ち、現在では、20名を超える弁護士が所属しています。北浜法律事務所の伝統を受け継ぎ、東京事務所においても原則として個室は設けず、弁護士全員の顔が見え、いつでも議論ができる環境を重視しています。風通しのよい事務所であることが最大の特徴です。
東京事務所は発展途上の段階ですが、その分、まだまだ変化・発展する余地は大きく、所属弁護士数の増加、個々の弁護士の成長とともに、業務分野の拡大と、さらなる質の向上を目指しています。私自身も、東京事務所の発展を担う一人として、全力で頑張りたいと思っています。
Q.証券会社への出向経験について
私は、平成21年4月から平成23年3月までの2年間、証券会社のIPO部門に出向していました。クライアント企業が上場するまでの支援が主な業務ですが(既上場企業が他の市場へ上場することを支援することもあります。)、法務だけでなく、ビジネス、会計など様々な側面から企業を理解して、上場するための課題を解決していく必要があるため、企業やビジネスに対する広く深い知識・経験を得ることができたと思います。また、上場支援の過程で、資本政策の計画策定・実施、企業の組織再編、ガバナンス・コンプライアンス体制の整備、各種ディスクロージャー書類のチェックなどを多数担当したことや、IPO時の公募・売出しの実務を現場で経験できたことは、今後の弁護士業務にとって、とても有意義なものだったと考えています。
北浜法律事務所では、今後も、弁護士業務だけでなく、留学や出向(官庁、証券取引所、民間企業等)を通じて、多様な知識・経験を持つ弁護士を増やしていく方針ですので、これから弁護士になる方々にとっても、チャンスに満ちています。
Q.得意な業務分野について
訴訟、交渉、契約書のレビューなどを含めた企業法務全般を取り扱っていますが、得意な分野は、M&A・組織再編、エクイティファイナンス・証券化などのファイナンス案件、ファンド関連業務、ベンチャー・IPO関連業務です。いずれもスピードと質の両方が要求されますが、その分、やりがいがありますし、クロージングを迎えたときの充実感・達成感も大きいです。また、法律に限らず、金融・会計などについての知見が必要になるため、日頃から関連分野も含めて知識・経験を広げておくことを重視しています。
何事も受身でやるよりも、自ら積極的に関与した方が楽しく、そして自分の成長につながります。北浜法律事務所は、積極的で向上心に満ち溢れた人材を求めていますので、是非、一度ご訪問いただき、雰囲気を感じていただければと思います。皆様とお会いできる日を楽しみにしております。

このページの先頭へ

情熱のある若い皆様方と一緒に案件に取り組める日を心から楽しみにしています

60期 岩谷 博紀弁護士
プロフィール詳細
写真:岩谷 博紀弁護士

Q.得意な業務分野について
私は、英文契約も含めた代理店契約等の様々な契約のレビュー、会社法に関連する訴訟・非訟事件(株主総会取消訴訟、取締役会議事録閲覧謄写請求、反対株主の株式買取請求権に係る価格決定申立て等)の対応、少し毛色の変わったものであれば委任状争奪戦(プロキシー・ファイト)に関するアドバイスといったように、いわゆる企業法務を全般的に取り扱っていますが、その中でも中核的には、M&Aに関連する業務に従事しています。
一言でM&Aと申し上げても、上場企業が当事者となるのか、どのようなスキームによってM&Aを実行するのか、国内案件であるのかクロスボーダー案件であるのかといった観点から様々なパターンがありますが、典型的には、デュー・ディリジェンスの実施や契約交渉のサポート、公開買付届出書に代表される法定開示書類や上場会社の場合のプレスリリースのレビューなど、M&Aに関連する多様な作業を行っています。
Q.北浜法律事務所の特徴について
北浜法律事務所のM&Aプラクティスチームは、若々しいエネルギーに満ちています。これは、M&Aプラクティスチームの全員が「自分が案件全体をコントロールして、クライアントに最高のリーガルサービスを提供する」という意識を持って案件に取り組んでいるからです。若手アソシエイトがこのような意識を持つことができるのは、M&Aプラクティスチームのパートナーが、知識・経験の乏しい若手アソシエイトが萎縮しないように、チーム内の雰囲気を意識的にコントロールしてくれているおかげであると感じますが、ともあれ、そのような雰囲気の中でアソシエイト弁護士は年次にかかわらず、パートナー弁護士とまさに対等な立場でディスカッションすることができ、案件の大きな方向性について若手アソシエイトとパートナーがディスカッションをしている場面もしばしば見かけられるところです。M&Aでは時には夜遅くまで仕事をすることを求められることもありますが、自分が主体的に取り組んだ案件が成功裡に終わったときには、他では得がたい充実感を感じることができます。
また、北浜法律事務所ではクロスボーダーの案件が占める割合が高く、私自身も現在はM&Aの半分以上がクロスボーダー案件になっています。英文の長大な書類を細かに見ていくことは骨が折れますが、欧米やアジア各国の弁護士と協力しながら案件を進めていくことの楽しさも非常に大きなものがあります。
Q.これから法曹になられる方へのメッセージ
私たちは、何よりも情熱のある人材を求めています。知識や経験が備わっていることは望ましいことではありますが、これらは案件を通じて後から身に付けることもできます。それよりも、自分の持ち得る全ての能力を傾けて、クライアントに最高のリーガルサービスを提供したいと思う情熱こそが、これからの法曹に求められる資質であり、私たちが必要としているものでもあります。「情熱だけは誰にも負けない」という方は是非、北浜法律事務所の門戸を叩いてください。情熱のある若い皆様方と一緒に案件に取り組める日を心から楽しみにしています。

このページの先頭へ

弁護士としての成長を求める人にとっては最適の環境を有している北浜法律事務所

63期 小西 毅弁護士
プロフィール詳細
写真:小西 毅弁護士

Q.北浜法律事務所の若手の育て方について
北浜法律事務所では、弁護士1年目であっても、一弁護士として主体性と責任感を持って事件処理をすることが求められます。 言われるがまま、リサーチや書面を作成するだけということはありません。
相手方との交渉や裁判期日においても、弁護士1年目から主担当として、事件を進めることが求められます。
また、クライアントや相手方の主張を、自分の頭で、法律的に考え、クライアントにとって最高の道筋を作らなければなりません。
パートナー弁護士や先輩弁護士は、当然に知識や経験が豊富ですが、その一から十までを若手弁護士に提供するのではなく、若手弁護士が自分自身で考えたものに適切なアドバイスをして、若手弁護士を育ててくれます。
これによって、若手弁護士は、主体的にかつ責任感をもって、自分の頭で考えて事件を処理することができ、弁護士として必要な能力を確実に伸ばすことができます。
Q.北浜法律事務所の雰囲気について
北浜法律事務所の雰囲気は、弁護士に個室がないこと、弁護士の執務デスクの間にあるパーテーションが低いことを見ていただければ分かると思いますが、当事務所の設立に関与したパートナー弁護士から1年目の若手弁護士までの全ての弁護士が一緒に机を並べ、少し顔をあげれば目を合わすことができるので、若手弁護士は先輩弁護士に気軽に相談をすることができます。
また、若手弁護士は、1年目から主担当としてクライアントや相手方と報告や交渉の電話をすることがありますが、その電話のやりとりは机を並べている先輩弁護士がすべて聞くことができるため、その先輩弁護士から適切にアドバイスをもらうことができ、逆に、先輩弁護士の電話でのやりとりをすべて聞くことができるので、身近に自然と学ぶことができます。
そして、なにより、北浜法律事務所の弁護士は、仕事に、懇親に、家族に、趣味に、どんなことに対しても、いつも元気に一生懸命です。もちろん先輩弁護士は仕事に厳しいですが、メリハリをつけて、ときには先輩後輩関係なく、とても楽しんでいます。
Q.これから法曹になられる方へのメッセージ
私は、困っている人の役に立ちたいという思いで、弁護士を目指し、父が小さな会社を経営していたことから、中小零細企業の役に立つ弁護士になりたいと思い、北浜法律事務所に入所しました。
そして、北浜法律事務所では、上場企業はもちろん、中小零細企業、個人の事件も数多く取扱い、幅広い様々な法分野の事件を経験することができています。
これからも、より多くのクライアントの役に立てるよう、知識と経験をつけて弁護士業を続けていきたいと思っています。
法曹になれば、色々な形で、様々な人の役に立つことができます。
皆様も法曹を目指したきかっけや抱いた夢を忘れることなく、夢を実現してください。

このページの先頭へ

自らが望めば、多様なキャリアパスの開拓が可能な環境が、北浜法律事務所には備わっています

64期 東目 拓也弁護士
プロフィール詳細
写真:東目 拓也弁護士

Q.若手アソシエイトから見た東京事務所の雰囲気
東京事務所に所属する弁護士は、50期以降の弁護士が中心で、活気に溢れています。50期代の弁護士は、関西出身が多いですが、60期代の弁護士になると関東出身ないし関東のロースクールを卒業した弁護士がほとんどです(私自身、埼玉出身で、小・中・高も埼玉、大学が東京、修習地も埼玉でしたので、大阪には観光でしか行ったことがありませんでした。ちなみに阪神ファンでもありません。)。
また、若手弁護士でも、パートナーに対して自分の意見をいう場が日常的にあり、臆せずに議論することができ、非常に風通しがよいのが特徴です。また、仕事だけでなく、勉強会、飲み会、ゴルフ、カラオケ、麻雀等を通じて交流を深めています。
Q.海外研修や出向について
北浜法律事務所の特徴として、海外研修・留学や出向制度が非常に充実している点があげられます。特に3~5年目の弁護士が、海外研修や出向制度を積極的に活用し、弁護士事務所の外でしか得られない経験を積み、専門的知識を身につけ、また幅広い人脈を獲得しています。私自身、弁護士3年目の段階で、アメリカのシカゴにある提携先の法律事務所で2ヵ月間研修を行いました。また、平成27年4月1日から日本取引所自主規制法人へ出向し、上場管理業務・上場審査業務を担当しております。さらに、出向から戻ってきた後は、LLMに留学に行くことも考えております。このように、北浜法律事務所には、自らが望めば、多様なキャリアパスを開拓することが可能な環境が備わっています。
Q.将来の目標について
私は平成24年1月に北浜法律事務所東京事務所に入所してから、これまで、M&A、海外進出企業の支援、事業再生、訴訟・交渉等、様々な案件を経験し、弁護士の基礎となる部分を身に着けるように意識してきました。
今までは、ある種ジェネラリストとして、企業法務、一般民事、家事、刑事と多種多様な案件を担当してきましたが、今後は、特定の分野に特化したスペシャリストになることを目標にしたいと考えております。
具体的には、証券取引所への出向のキャリアを活かし、IPO、TOB、上場会社が当事者となるM&A、その他上場会社において生じた不祥事案件の対応等、金商法・上場規則といった法分野が絡む法的問題に関し、適切なアドバイスを行えるように、多く経験を積んでいきたいと考えております。加えて、留学にも行き、語学力の向上及び人脈を作り、日本企業への投資を検討する海外投資家や、その他日本への進出を検討する海外企業に対し、金商法・上場規則といった複雑な法令・規則を踏まえた適切なアドバイスを行い、海外企業が日本の証券市場に進出する際のサポートができる特色のある弁護士になりたいと考えております。

このページの先頭へ

クライアントの役に立つための実力と経験を積むことができる環境が整っています

65期 平田 えり弁護士
プロフィール詳細
写真:平田 えり弁護士

Q.入所後の業務内容
私は、訴訟・交渉、M&A、事業再生、ファイナンス案件等、幅広い分野に携わっています。紛争になる前の段階での企業からのご相談も多くお受けしています。北浜法律事務所では、案件ごとにチームを組むパートナーが異なりますので、非常に幅広い業務分野を経験することができ、また、それぞれの弁護士の仕事のスタイルから様々なことを学ぶことができます。
パートナーや先輩弁護士と議論しながら、1年目から案件主担当として自らクライアントや相手方との直接の窓口になりますので、これらの経験を通じて、日々、弁護士としての成長を実感しています。また、自らが「こういう仕事がしたい」とパートナーに発信すれば、自分の希望する分野の案件に声をかけてもらえる、ということも頻繁にありますので、専門性を身につけ、弁護士としての成長を実現できる最適な環境があります。
今後は、留学等を通じて海外案件への対応能力を高め、海外へ積極的に事業展開される企業等のお役に立ちたいと考えています。
Q.若手アソシエイトから見た福岡事務所の雰囲気
福岡事務所に所属する弁護士は、60期以降の弁護士が中心で、活気に溢れています。アットホームな雰囲気で、アソシエイトの執務状況について気にかけてくれていて、アソシエイトが相談しやすく、臆せず発言できる環境ができています。仕事の合間には、パートナー・アソシエイトの分け隔てなく食事に行ったり飲みに行ったりしますし、弁護士同士の関係は良好です。福岡事務所でも、大阪事務所や東京事務所のパートナーやアソシエイトとチームを組む案件は多くありますし、各拠点をTV会議システムで繋いだ勉強会も毎週開催されていますので、事務所全体として、密な関係が保たれています。
Q.仕事とプライベートのバランスについて
北浜法律事務所では、大規模事務所ならではの充実した設備・システムがあり、自宅にいながら職場と同じパソコン環境を再現して仕事をすることができますので、自分の生活に合わせた働き方を選択することができていると思います。十分な体力と気力を保って執務を続けられるのも、こうした環境下で、メリハリをつけた働き方ができているからだと感じます。また、女性弁護士の先輩方で、出産・育児と仕事を両立されている方々が実際に何人もいることはとても心強いです。気軽に食事に出かけるなど女性弁護士同士のつながりがあるので、仕事や生活、子育てのこと等いろいろな話を聞くことができて安心です。

このページの先頭へ

恵まれた環境の中で、多くの弁護士と共に、日々多様な案件に取り組んでいます

66期 金水 孝真弁護士
プロフィール詳細
写真:金水 孝真弁護士

Q.北浜法律事務所に入所を決めた理由
私は、司法試験終了後、企業法務をはじめとして幅広い分野を取り扱う総合法律事務所のサマークラークに参加したいと思い、北浜法律事務所のサマークラークに応募しました。
私が北浜法律事務所に入所を決めた理由は、北浜法律事務所が多様な案件を取り扱っているのはもちろんのこと、それらの案件を、経験豊富な多くの弁護士と共に取り組むことができる環境が整っていることにあります。北浜法律事務所の執務室は、他の事務所に比べて非常にパーテーションが低く、デスクに座っていても少し背伸びすれば周囲を見渡せるほどです。パートナーを含め、個室は一切ありませんし、また、年に一度、大規模な席替えが行われております。私は、このような執務室を見て、北浜法律事務所には、大人数ながら自然と多くの弁護士との交流が図られるような環境が整っていると強く感じました。私は平成26年1月に北浜法律事務所に入所しましたが、実際に1年目だけで、大阪事務所に所属するほぼ全員のパートナーと少なくとも1件の案件を担当してきました。
Q.入所後の業務内容
北浜法律事務所では、弁護士としてのキャリアの1年目には、できるだけ多くの訴訟案件(裁判、調停、保全、執行等)に関与して、弁護士としての基礎体力をつけることが期待されております。私も、実際に入所直後から数十件の訴訟案件を担当してきました。また、訴訟案件以外にも、企業法務(M&A、契約書の作成・レビュー、株式発行、株主総会等)、倒産事件、家事事件、刑事事件等など本当に幅広い分野の案件に取り組んできました。
案件の規模によって、その案件に関与する弁護士の人数は様々ですが、どのような案件であっても、1年目から中心的に案件に関与することが求められます。非常に忙しくなる時期もありますが、第1にクライアントのニーズに応えるため、そして自身の成長のために日々案件と徹底的に向き合っております。
Q.将来の目標について
私は、将来はコーポレート全般を得意とする弁護士を目指したいと考えております。入所してから2年余り(平成28年5月1日現在)、様々な案件に取り組んできましたが、その中でも、クライアントの経営や業界のことを理解し、法的観点からクライアントのビジネスが成功するためにサポートを行うことに非常にやりがいを感じ、さらに専門性を磨きたいと考えたことがその理由です。もちろん最初から専門分野に絞るという意味ではなく、若手のうちは、幅広い分野の案件に取り組み、まずは弁護士としての視野を広げたいと思います。北浜法律事務所には、それを実現する環境が十分に整っていると確信していますので、今後も専門性を視野に入れながら、様々な案件に取り組んでいきたいと考えています。

このページの先頭へ