Europe 欧州

欧州

北浜法律事務所事務所には、英語及び仏語での対応が可能で、欧州関連業務の経験を豊富に有する弁護士を中心にヨーロッパプラクティスグループを構成しており、先端技術を持つフランス企業のM&Aや、ドイツ大手自動車関連企業による日本を含むグループ会社のM&A、契約の解釈をめぐる仲裁案件や、会社法対応、EU一般データ保護規則(GDPR)を含むコンプライアンス対応等、欧州案件に幅広く対応しています。

当事務所は、日系企業の皆様が、リーガル面で文化・言語の差異をご負担に感じることなく、欧州でのビジネスそのものにご専念いただけるようにするための環境づくりを全力でサポートしています。そのために、現地プラクティスに精通した弁護士が、日本語、英語及び仏語で、質が高く堅実な現地弁護士と協働して各案件に対応しており、より正確でスピーティ、そしてコストコンシャスなリーガルサービス体制を整えています。

ビジネスのグローバル化、多様化に伴い、海外進出する日系企業にとって欧州は重要な存在であり、バランスのとれたリーガルサービスの需要は高まるばかりです。古くて新しい欧州諸国との日本との関係の重要性は、日本企業のアジアへの進出の飛躍的な進捗にもかかわらず継続しているところ、欧州との間にはEPAも締結され、今後も緊密な関係が継続していくことが予想されます。

EUに関しては、各国法もさることながら、EU法が特に重要です。EU法は、競争法、知的財産法の分野だけでなくGDPRの制定により個人情報保護分野等、幅を広げてきており、日本企業に適用される機会も増しています。

担当弁護士