East Asia 東アジア

中国・香港・台湾

近年、世界における中国の経済的位置づけは変わってきており、コストの安い生産拠点としてではなく、高い技術を有する生産拠点や、魅力あるマーケットと目されている一方、日本に対する投資案件も増加しています。また、企業のグローバル化がより進行したことにより、企業において現実に生じる法律問題は、日本と中国のみならず、香港・台湾あるいは東南アジア諸国等の間で国境をまたいで生じるものも多く見られるようになっています。

このような国境をまたぐ法律問題に対しては、関連する国・地域毎に専門家を起用するだけでは十分な対応を行うことが難しいため、当事務所では、中国語・英語が堪能な日本法弁護士及び日本語・英語が堪能な律師(中国法弁護士)を中心としたチャイナ・プラクティスチームを構成しております。チャイナ・プラクティスチームは、中国・香港・台湾の案件を集中的に取り扱うとともに、インバウンド案件においては、問題とされている法分野に関して高い専門性を有する当事務所内の弁護士と共働し、アウトバウンド案件においては、現地の信頼できる律師事務所等と共働する体制を構築しており、中国・香港・台湾に関連する法務について、相互の言語・法律・文化の違いも踏まえたリーガルサービスをご提供することが可能です。

現在、チャイナ・プラクティスチームは、日本のみならず中国・香港・台湾のいずれのクライアントに対しても、M&A(法務デューディリジェンス、契約書作成等)、現地子会社の設立又はリストラクチャリング、企業間契約交渉、紛争解決、不正調査、行政対応等、様々なリーガルサービスを提供しています。

主な案件実績

M&A

現地子会社の設立又はリストラクチャリング

企業間契約交渉

紛争解決

その他