プロフィール写真

大須賀 滋 Shigeru Osuga

オブカウンセル / 弁護士

東京事務所

主要取扱分野
知的財産権情報・IT争訟・紛争解決
対応言語
日本語

概要

平成30年11月にオブカウンセルとして東京事務所に入所しました。入所前は、平成30年7月まで裁判官として勤務しており、主として知的財産関係の訴訟事務を担当し、知財高裁、東京地裁知財部(部総括)で勤務しました。この間、アップルvsサムスンのバウンスバック特許訴訟等の著名事件を担当しました。また、法務省訟務部門でも長年勤務し、当事者としての訴訟戦略についても経験を有しています。入所後、特許庁、知的財産研究所からの特許法改正についてのヒアリングに応じ、特許庁の審判官研修を担当するなど、特許行政への協力も行っています。これまでの経験を生かして、特許訴訟を中心として皆様のお役に立てればと考えております。

主な案件実績

  • 医薬品特許延長登録無効審判請求における意見書
  • 官庁から委託を受けた調査委員会における調査

経歴

1979年3月東京大学法学部卒業
1984年4月司法研修所終了(第36期)
1984年4月大阪地方裁判所判事補
1992年4月東京地方裁判所判事補(1993年4月~知的財産権部)
1994年4月東京地方裁判所判事(知的財産権部)
1996年4月福岡法務局訟務部付検事
1999年4月東京法務局訟務部副部長
2003年4月法務省大臣官房財産訟務管理官
2004年4月法務省大臣官房行政訟務課長
2005年4月法務省大臣官房民事訟務課長
2007年4月法務省大臣官房訟務企画課長
2008年4月法務省大臣官房参事官
2009年4月知的財産高等裁判所判事
2010年4月東京地方裁判所判事(知的財産権部 部総括)
2014年4月知的財産高等裁判所判事
2014年8月鹿児島地方・家庭裁判所長
2015年12月岐阜地方・家庭裁判所長
2017年9月横浜家庭裁判所長
2018年7月判事定年退官
2018年11月弁護士登録(第一東京弁護士会)、オブカウンセルとして北浜法律事務所入所

公職・役職など

2003年度~2006年度司法試験二次試験考査委員(科目民法、民事訴訟法)
2011年5月~2014年3月文化審議会著作権分科会専門委員
2013年度、2014年度工業所有権審議会臨時委員(弁理士試験担当)
2011年7月~社団法人日本デザイン保護協会意匠研究会特別会員
2012年5月~著作権法学会理事
2019年6月~デザインと法協会会員
2019年10月~東京地裁民事調停委員(知財調停担当)
2019年度~特許庁 訟務・応用実務研修講師

著作・論文・メディア掲載