プロフィール写真

中 亮介 Ryosuke Naka

パートナー / 弁護士

大阪事務所

主要取扱分野
国際関係法務情報・ITデータプロテクション(個人情報保護法、GDPR等)M&A欧州北米商社
その他取扱分野
コーポレート・会社法独占禁止法・競争法事業再生・倒産
対応言語
日本語 / 英語

概要

クロスボーダーの取引を多く担当しています。米国及びドイツへの留学からの帰国後は、GDPR対応の助言業務が相当程度の比率を占めています。ヨーロッパ・プラクティス・グループの一員として、ヨーロッパとのクロスボーダーのM&A案件や、インバウンド・アウトバウンド双方向の支援にも注力しています。その他、コーポレート業務一般、独禁法、倒産法、紛争解決等の分野に取り組んでいます。大手商社や外資系大手消費財メーカーへの出向経験を踏まえて、依頼者様のご要望に合わせた具体的かつ実践的なアドバイスを心掛けています。

主な案件実績

  • 国内大手企業による米国大手企業の子会社財産の買収案件
  • 欧州企業の日本子会社に関する助言案件多数
  • 国内大手企業によるブラジル子会社の撤退案件
  • 国内大手企業同士のシステム開発を巡る紛争案件

経歴

2001年3月私立高槻高等学校卒業
2005年3月京都大学法学部卒業
2007年3月京都大学法科大学院修了
2007年9月司法試験合格
2008年12月司法修習修了(新第61期)、弁護士登録(大阪弁護士会)、北浜法律事務所・外国法共同事業入所
2011年11月民間企業(総合商社)勤務
2014年5月北浜法律事務所復帰
2017年5月コロンビア大学ロースクール修了(LL.M.)
2017年8月~9月増田・舟井・アイファート&ミッチェル法律事務所(米国イリノイ州シカゴ)勤務(Visiting Attorney)
2017年10月~12月Herbert Smith Freehills(ドイツ、デュッセルドルフオフィス)勤務(Secondee)
2018年1月~3月Taylor Wessing(ドイツ、デュッセルドルフオフィス)勤務(Visiting Attorney)
2018年4月北浜法律事務所復帰
2019年1月同事務所パートナーに就任

公職・役職など

2018年~JETRO新輸出大国エキスパート(基準・認証分野)GDPR担当

セミナー・講演情報

もっと見る

著作・論文・メディア掲載

ニューズレター