Webinarウェビナー

最近の裁決事例の傾向を踏まえた税務調査・審査請求対応のポイント

公開日時 2021年12月22
講師等 安田雄飛 弁護士
業務分野 税務
セミナー概要
課税処分を審査請求や税務訴訟で争っても処分が取り消される割合(取消率)が低いのが現状であるところ、
なぜ取消率が低いのか、取り消される場合はどのようなケースであるのかについての分析を踏まえて、
税務調査・審査請求における効果的な主張のあり方について解説します。
講義内容
1.問題の所在
 ― 審査請求・税務訴訟における低い取消率
    それを背景とした税務調査での税務当局の高い交渉力
2.審査請求における取消裁決の傾向
3.審査請求において取消率が低い理由
4.税務調査・審査請求対応のポイント
講師等
  • 会員登録・サービスのご利用は無料です。
  • 学生や個人の方、同業者の方等はご登録をご遠慮いただいております。
  • 法律事務所所属の⽅、及びご登録情報(フリーメールのアドレスや携帯アドレスの⽅等)から所属先企業の確認ができない⽅等、適切ではないと当事務所が判断する方については、ご連絡することなくご登録を解除する場合がございますのでご了承ください。
一覧に戻る