安田 雄飛 Yuto Yasuda

アソシエイト / 弁護士

大阪事務所

主要取扱分野
税務争訟・紛争解決M&A
その他取扱分野
コーポレート・会社法労働法務
資格・登録
税理士
対応言語
日本語 / 英語

概要

中小企業から上場企業まで、様々な業種のクライアント企業からのご依頼により、会社関係訴訟とM&Aを中心に企業法務全般を取り扱ってきました。

また、2016年から3年間、国税組織内の最終判断機関(東京国税不服審判所)で数多くの租税争訟事案の調査・審理を経験しました。

訴訟・紛争解決においては、判断機関で第三者として争訟を審理した経験に基づき、戦略的・効果的な主張・立証活動を行います。租税法分野の案件においては、次のような問題を中心に、最新の租税争訟に関する知見と国税職員の目線を踏まえたアドバイスを提供することができます。

  • 消費税(各種輸出取引に対する課税、ポイントの税務処理など)
  • 法人税 (債権の放棄・譲渡、DESに対する課税、組織再編などに対する行為計算否認、有利発行に対する課税など)
  • 源泉所得税 (源泉徴収義務の有無・主体、源泉徴収時期など)
  • 所得税(金融商品に対する課税など)
  • 国際課税(タックス・ヘイブン対策税制、移転価格税制など)
  • 査察関連事案を含む重加算税

経歴

1985年6月京都市生まれ
2004年3月滋賀県立膳所高等学校卒業
2008年3月京都大学法学部卒業
2010年3月京都大学法科大学院修了
2011年12月司法修習修了(新64期)、弁護士登録(東京弁護士会)
2012年1月三宅坂総合法律事務所入所
2016年7月~2019年7月国税庁・東京国税不服審判所勤務(国税審判官)
2019年7月北浜法律事務所・外国法共同事業入所
2019年11月税理士登録(近畿税理士会)

公職・役職など

  • 近畿弁護士会連合会税務委員会委員
  • 租税訴訟学会会員

セミナー・講演情報

著作・論文・メディア掲載