プロフィール写真

児玉 実史 Masafumi Kodama

パートナー / 弁護士

大阪事務所

主要取扱分野
国際紛争解決(仲裁)M&A事業再生・倒産
その他取扱分野
各種国際契約販売店・代理店契約ジョイントベンチャー北米東南アジア中東
資格・登録
ニューヨーク州弁護士 / CEDR認可調停人
対応言語
日本語 / 英語

概要

国際的な訴訟・仲裁・調停などの紛争解決を中心に、国際契約の作成・交渉、債権回収、倒産、海外拠点からの撤退など、紛争の予防や軟着陸のための相談、交渉にも対応しています。国際紛争はややもすると複雑化・長期化・高額化しがちですが、費用、時間、結果、メンツ等々、クライアントのニーズをじっくり伺って、案件ごとに最適なソリューションを目指します。日本仲裁人協会理事、日本国際紛争解決センター事務局次長として、日本での国際仲裁の普及や海外への発信にも力を入れ、弁護士や企業の実務家に対する講演や原稿執筆、学生に対する模擬仲裁の指導や講義も行っています。

主な案件実績

仲裁(仲裁人、仲裁代理人)

主な紛争類型

  • M&Aの表明保証違反
  • 継続的売買、販売店契約の終了
  • フランチャイズ契約、オンラインゲームの開発運営契約違反

主な仲裁手続き上の論点

  • 仲裁合意非署名者への効力
  • 仲裁判断の既判力
  • 仲裁判断の取消事由
  • 簡易手続

倒産・事業再生(申立人、債権者代理人、スポンサー代理人、管財人(代理))

  • 航空運送業、トラック運送業
  • 建設業、不動産業
  • 家電量販店
  • リゾート運営業、ゴルフ場運営業
  • 製造業

経歴

1985年 洛星高校(京都市)卒業
1990年 東京大学法学部卒業
1993年 司法研修所修了(第45期)、弁護士登録(大阪弁護士会)、北浜法律事務所入所
1998年 コーネル大学ロースクール(米国ニューヨーク州)修了(LLM)
1998年〜1999年 ウィンスロップ・スティムソン・パットナム・アンド・ロバーツ法律事務所(現在のピルズベリー・ウィンスロップ・ショー・ピットマン法律事務所)[ニューヨーク及びシンガポール事務所])勤務
1999年 ニューヨーク州弁護士登録
2001年 北浜法律事務所パートナー弁護士
2007年 弁護士法人北浜法律事務所・代表社員に就任

公職・役職など

2001年〜2003年 甲南大学法学部 非常勤講師
2004年〜2008年 神戸学院大学法科大学院実務家専任教授(執行・保全法、倒産法担当)
2008年〜2011年 株式会社エルクコーポレーション 社外監査役
2008年〜 2015年 日本製麻株式会社 社外監査役
2011年〜 公益社団法人日本仲裁人協会 理事
2012年〜 アジア国際法学会 日本協会 理事
2015年〜 日本製麻株式会社 監査等委員である取締役
2018年〜 日本国際紛争解決センター(JIDRC) 事務局次長

著作・論文・メディア掲載

ニューズレター